app ios 杀死进程方法
2014-06-10 08:20:17 piaol 阅读数 36

苹果的下架做的太隐蔽了。。。。。上次找到了一次,这次用的时候又忘了,写个博客吧。。。。。

 

在 Rights and Pricing 那里,点击 specific territories,然后Diselect All,保存后再退出去。你会看到类似Delete App的选项的。 

 

在Binary Detail 里面有。

 

2015-12-03 14:11:52 cga6741011 阅读数 391

    在app中若需要使用手机自带的地图,需要在app之间进行通信,以百度地图为例。

  1.先找到app中的info.plist 文件这个文件包含了app的基本信息,在其下新增一个项为URL types,在URL types下加一个子项,点开item 发现已经有一个URL identifier了,再加一个并列的 URL Schemes, 在URL identifier 后填上com.baidu.sdk ,在 URL Schemes 的子项后填上baidumapSdk ,这样就配置好了所需要的 schemes


//加上 URL Schemes



2. 在所需要调用百度地图app的地方 写上

       [[UIApplicationsharedApplication] openURL:[NSUR URLWithString:@"baidumap://map/place"]];

@"baidumap://map/place" 就是app调用百度地图的Url


  如果需要传入参数的时候

  可以在url 加上参数 如下,具体可参考百度的官方链接 http://developer.baidu.com点击打开链接

 baidumap://map/direction?origin=中关村&destination=五道口&mode=driving&region=北京   //本示例是通过该URL启动地图app并进入北京市从中关村到五道口的驾车导航路线图
 baidumap://map/place/search?q=银行&region=北京  

示例代码如下

  NSString *start = @"天安门";

  NSString *end = @"鸟巢";

  NSString *city = @"北京";

  NSString *way = @"driving";

  NSString *urlStr = [NSString stringWithFormat:@"baidumap://map/direction?origin=%@&destination=%@&mode=%@&region=%@",start,end,way,city];

    * 注意关键参数要正确

   [[UIApplication sharedApplication] openURL:[NSURL URLWithString:[urlStr  stringByAddingPercentEscapesUsingEncoding:NSUTF8StringEncoding]]];



  以上就能够在你的app中调起百度地图的app了,当然模拟器中没有百度地图app的  可以用真机试试哦。


--关于调用其他的 如电话,短信 浏览器这些

下面也简单的写一下

电话: 

[[UIApplicationsharedApplication] openURL:[NSURLURLWithString:@"tel://123124323(这里是电话号码)"]];

短信:

[[UIApplication sharedApplicationopenURL:[NSURL URLWithString:@"sms://123124323(这里是电话号码)"]];

游览器:

[[UIApplication sharedApplicationopenURL:[NSURL URLWithString:@"http://baidu.com(这里是网址)"]];





2016-12-12 14:01:00 weixin_33958585 阅读数 5

[objc] view plain copy

-(void)hsUpdateApp

{

//2先获取当前工程项目版本号

NSDictionary *infoDic=[[NSBundle mainBundle] infoDictionary];

NSString *currentVersion=infoDic[@"CFBundleShortVersionString"];

//3从网络获取appStore版本号

NSError *error;

NSData *response = [NSURLConnection sendSynchronousRequest:[NSURLRequest requestWithURL:[NSURL URLWithString:[NSString stringWithFormat:@"http://itunes.apple.com/cn/lookup?id=%@",STOREAPPID]]] returningResponse:nil error:nil];

if (response == nil) {

NSLog(@"你没有连接网络哦");

return;

}

NSDictionary *appInfoDic = [NSJSONSerialization JSONObjectWithData:response options:NSJSONReadingMutableLeaves error:&error];

if (error) {

NSLog(@"hsUpdateAppError:%@",error);

return;

}

NSArray *array = appInfoDic[@"results"];

NSDictionary *dic = array[0];

NSString *appStoreVersion = dic[@"version"];

//打印版本号

NSLog(@"当前版本号:%@\n商店版本号:%@",currentVersion,appStoreVersion);

//4当前版本号小于商店版本号,就更新

if([currentVersion floatValue] < [appStoreVersion floatValue])

{

UIAlertView *alert = [[UIAlertView alloc] initWithTitle:@"版本有更新" message:[NSString stringWithFormat:@"检测到新版本(%@),是否更新?",appStoreVersion] delegate:self cancelButtonTitle:@"取消"otherButtonTitles:@"更新",nil];

[alert show];

}else{

NSLog(@"版本号好像比商店大噢!检测到不需要更新");

}

}

- (void)alertView:(UIAlertView*)alertView clickedButtonAtIndex:(NSInteger)buttonIndex

{

//5实现跳转到应用商店进行更新

if(buttonIndex==1)

{

[[UIApplication sharedApplication] openURL:[NSURL URLWithString:@"itms-apps://itunes.apple.com/app/id"]];

}

}

转载于:https://www.jianshu.com/p/158fc6176549

2016-11-04 16:01:49 wzhicsdn 阅读数 2435
-(void)hsUpdateApp
{
    //2先获取当前工程项目版本号
    NSDictionary *infoDic=[[NSBundle mainBundle] infoDictionary];
    NSString *currentVersion=infoDic[@"CFBundleShortVersionString"];
    
    //3从网络获取appStore版本号
    NSError *error;
    NSData *response = [NSURLConnection sendSynchronousRequest:[NSURLRequest requestWithURL:[NSURL URLWithString:[NSString stringWithFormat:@"http://itunes.apple.com/cn/lookup?id=%@",STOREAPPID]]] returningResponse:nil error:nil];
    if (response == nil) {
        NSLog(@"你没有连接网络哦");
        return;
    }
    NSDictionary *appInfoDic = [NSJSONSerialization JSONObjectWithData:response options:NSJSONReadingMutableLeaves error:&error];
    if (error) {
        NSLog(@"hsUpdateAppError:%@",error);
        return;
    }
    NSArray *array = appInfoDic[@"results"];
    NSDictionary *dic = array[0];
    NSString *appStoreVersion = dic[@"version"];
    //打印版本号
    NSLog(@"当前版本号:%@\n商店版本号:%@",currentVersion,appStoreVersion);
    //4当前版本号小于商店版本号,就更新
    if([currentVersion floatValue] < [appStoreVersion floatValue])
    {
        UIAlertView *alert = [[UIAlertView alloc] initWithTitle:@"版本有更新" message:[NSString stringWithFormat:@"检测到新版本(%@),是否更新?",appStoreVersion] delegate:self cancelButtonTitle:@"取消"otherButtonTitles:@"更新",nil];
        [alert show];
    }else{
        NSLog(@"版本号好像比商店大噢!检测到不需要更新");
    }
    
}

- (void)alertView:(UIAlertView*)alertView clickedButtonAtIndex:(NSInteger)buttonIndex
{
    //5实现跳转到应用商店进行更新
    if(buttonIndex==1)
    {

        
        
        [[UIApplication sharedApplication] openURL:[NSURL URLWithString:@"itms-apps://itunes.apple.com/app/id"]];

        
    }
}

2014-04-02 15:03:44 yuwensunshine 阅读数 645

本来自己想整理这方面到东西,看了这篇文章之后,觉得只要翻译就可以了,因为时间到原因,我先贴出来,以后有时间再翻译


iOSアプリの配布方法

———–
iOSアプリを開発して、ユーザのデバイスにインストールする方法には2種類ある。

1. App Store経由のインストール
2. ad-hocインストール

1.は、開発したアプリをApple AppStoreに登録し、デバイスもしくはパソコンのApp Store(iTunes)経由でインストールする。大抵のユーザのデバイスにインストールされているアプリは、この方法が取られているはずだ。
しかし、開発中のアプリのテストや一定のユーザのみで使用されるアプリは、AppStoreに登録せずにインストールすることが可能だ。それが、Ad-Hocと呼ばれる配布方法である。

Ad-Hocインストールとは
————–
Ad-Hocインストールとは、Apple Development Programに登録した一アカウントあたり、年間100台まで登録できるデバイス限定で、直接インストールする方法である。
この方法では、メールやWeb経由、もしくは、AppleのiPhone構成ユーティリティで、アプリのインストールを行うことができる。

これを行うには、以下の前提を満たしていなければならない。

1. Apple Developer Programに開発者登録していること
2. 上記プログラムのデバイスに、配布先のデバイスのIDを登録していること

1.はAd-Hoc以前に、実機デバッグを行うには必須なので、この記事の読者なら満たしているだろう。
2.は、インストールしたいデバイスを、XCodeのOrganizerで登録するか、持ち主にデバイスIDを教えてもらう必要がある。
(もしも読者が、Ad-Hocインストールが何であるか分かっている場合は、この記事の「インストール方法の選択肢」以降を読んでください)

### iOSデバイスのUUIDの取得とAppleへの登録

iOSのデバイスIDは、iTunesにデバイスを接続し、「概要」タブにある「シリアル番号」をクリックして表示される「識別子(UUID)」である。これが表示された状態で「編集」メニューの「コピー」を選ぶと、クリップボードにコピーされる。開発者が直接接続できないデバイスの場合、このUUIDを持ち主から教えてもらう。
このUUIDを、開発者は自分の開発用デバイスであるとして、Appleに登録する。
ブラウザでiOS Dev Centerにログインし、「iOSProvisioning Portal」の「Devices」を選ぶと、そこには既に登録済みのデバイスが一覧表示されるはずだ。
ここで、「Add Devices」をクリックし、デバイス名とUUIDを追加する。

### Ad-Hoc配布用ディストリビューション・プロファイルの作成

iOS Provisioning Portalで「Provisioning」を選択すると、「Development」「Distribution」「History」「How to」というタブがある。既に自分の実機に開発中のアプリをインストールしたことがある方であれば、このiOS Dev CenterでProvisioning Profileを作成したことがあるはずだ。その場合、「Development」タブに、既に作成したプロファイルが表示されている。このプロファイル名のリンクをクリックすると、このプロファイルに登録されたデバイス名を見ることができる。
Ad-Hocインストールの場合は、「Development」タブではなくて、「Distribution」タブでプロファイルを作ることになる。この画面で、「New Profile」をクリックすると、新規作成フォームが表示される。
ここで、「Distribution Method」で、「Ad Hoc」を選択し、、プロファイル名、App IDを入力する。
「Distribution Method」で「Ad Hoc」選択すると、「Devices」が選択可能になるので、ここで、配布したいデバイスを選択する。
「Submit」をクリックし、ディストリビューション用プロファイルの新規作成を完了する。
作成後に表示される一覧で、ダウンロードし、XCodeにインストールしておく。

Ad-Hoc用にアプリのビルドとアーカイブ
—————

### ディストリビューション用プロファイルの選択

XCodeでアプリのプロジェクトを開き、「Target」を選択、「Build Setting」を選択、「Code Signing」セクションの「Code Signing Identity」を「iPhone Developer」ではなく、「iPhone Distribution」を選択し、先に作成したディストリビューション用プロファイルを選択する。

### アーカイブの作成

「Product」メニューの「Build for Archive」、「Archive」を選択し、アーカイブを作成する。
作成が完了すると、「Organizer」が自動的に開き、「Archive」タブにアプリが表示される。
この操作で作成されたアーカイブを、次の配布方法に合わせて出力する。

インストール方法の選択肢
————

ここで、Ad-Hocインストール方法を選択する。この選択によって、アーカイブからの出力方法が変わる。

1. デバイスで直接Webからダウンロードしてインストール
2. iTunesでインストール
3. iPhone構成ユーティリティでインストール

下記の手順は、どの方法でも同じである。
「Organizer」の「Archive」タブでアプリを選択し、「Share」をクリックする。
「Contents」で「iOS App Store Package(.ipa)」を選択。
「Identity」でビルド時に選択したAd-Hocプロファイルを選択。
「Next」をクリック。

これ以降の手順は、選択肢によって異なる。

### 1. デバイスで直接Webからダウンロードしてインストール

この方法は、遠隔地にいるユーザにアプリをインストールしてもらうのに、最も簡単な操作でできる、おすすめの方法だ。

保存場所を指定するダイアログが表示されるので、出力するフォルダを指定し、ファイル名を指定する。拡張子は「.ipa」とする。
「Save for Enterprise Distribution」にチェックを入れる。
チェックが入ると、「Application URL」に、Webで公開するURLを入力する。この時、ファイル名(.ipa)まで指定する。タイトルも適当なものを入力する。
ここで「Next」を入力すると、.ipaファイルと設定の.plistファイルが出力される。
この2つのファイルを、公開されているWebサイトにアップロードする。

次に、ダウンロード用のHTMLファイルを作成する。HTMLファイルの中に、ダウンロード用のリンクを追加する。
<a href=”itms-services://?action=download-manifest&url=http://rbxbr.net/adhoc/adhoctest.plist”>タップしてインストール</a>
ポイントは、「itms-services」スキームのリンクであることだ。これによって、デバイスがアプリのインストールのリンクだと認識する。urlには、アプリのplistを指すURLを指定する。

.ipaファイル、.plistファイル、HTMLファイルをWebサーバにアップしたら、iOSデバイスのSafariでHTMLファイルのURLを指定してみよう。正しくHTMLが表示されたら、リンクをクリックする。
各ファイル名が正しく設定されていれば、ダウンロードが始まり、やがて、インストールされるはずだ。

うまくいかない場合、チェックするポイントは、以下のとおり。

1. Ad-Hocディストリビューション用プロファイルでビルドされているか
2. 「Share」で指定したプロファイルはAd-Hocディストリビューション用か
3. 「Share」で指定したURLは正しいか
4. HTMLで指定したURLは、正しくplistファイルを指しているか

ちなみに、LAN内でIPアドレスで運用されているサーバに配置しても、「XXX(サーバのIPアドレス)が見つかりません」というエラーが出てインストールできなかった。

### 2. iTunesでインストール

この方法は、メールなどにアプリを添付して相手に送り、相手のiTunesを使用してインストールする方法だ。

共通の操作の後、保存場所を指定するダイアログが表示されるので、出力するフォルダを指定し、ファイル名を指定する。拡張子は「.ipa」とする。
「Save for Enterprise Distribution」に**チェックを入れない**。
ここで「Next」を入力すると、.ipaファイルが出力される。
このファイルを、インストールしてほしい相手に送る。
受け取った方は、デバイスの管理に使用しているパソコンで、この.ipaファイルをダブルクリックすると、iTunesが起動し、ライブラリにインストールされる。
あとは、デバイスを接続し「App」タブで該当のアプリにチェックを入れてインストールする。

ちなみに、iPhoneに直接メールを送って、添付された.ipaファイルを開いてもインストールできなかった。

### 3. iPhone構成ユーティリティでインストール

この方法は、複数のデバイスを管理する企業内でのインストールに向いている。

共通の操作の後、保存場所を指定するダイアログが表示されるので、出力するフォルダを指定し、ファイル名を指定する。拡張子は「.ipa」とする。
「Save for Enterprise Distribution」に**チェックを入れない**。
ここで「Next」を入力すると、.ipaファイルが出力される。

Appleから、iPhone構成ユーティリティをダウンロードする。
[Mac版](http://support.apple.com/kb/DL851?viewlocale=ja_JP “Mac版”)
[Windows版](http://support.apple.com/kb/DL926?viewlocale=ja_JP “Windows版”)
ユーティリティを起動し、「ライブラリ」の「アプリケーション」を選択する。
右のリストのあたりに、.ipaファイルをドロップする。

次に、デバイスを接続すると、左側の「デバイス」セクションにデバイスが表示される。
ここで、「アプリケーション」タブをクリックすると、そのデバイスにインストールされているアプリが一覧表示される。この一覧を操作することで、デバイスに入っているアプリをアンインストールもできる。余計なアプリも削除できる、エンタープライズ向け。
表示されているアプリから、インストールしたいアプリを探し、「インストール」をクリックし数秒待つと、デバイスにアプリがインストールされる。ちょっと時間がかかる時もあるので、続けてクリックせずに待ってみよう。

まとめ

ここでは、3通りのAd-Hocインストールの方法を紹介した。
相手先で可能な方法を選択して配布を行おう。


转载地址:http://rbxbr.net/archives/1015


没有更多推荐了,返回首页